超高級印鑑は象牙だけじゃない!?


印鑑の材料には柘とういうお手頃な木材や、水牛の
ツノを使った材料が一般的です。

しかし、実印には象牙などの
超高級材料も用いられています。

それぞれの印鑑にはどのような
特徴があるのでしょう。

本当に知っていますか?象牙の印鑑の特徴は?

象牙は文字通り象の牙なのですが、1989年にワシン
トン条約という条約が結ばれ、象牙の輸出入が禁止にな
りました。現在国内で流通している象牙はその条約が結
ばれる前に輸入されたものです。

そのため、非常に希少価値が高く、高級です。

象牙の印鑑は白く、重量があり、気品があるなど装飾品
としての価値がある一方で、実用的な価値も高いです。

その特徴として、時間経過による変化が
ほとんどないことが挙げられます。

実印は変形してしまうとその価値を失ってしまいます。

そのため、変形に強い象牙は印鑑の
材料として非常に価値が高いです。

また、象牙の印鑑は作られる部位や、方向によって、
変形のしにくさや模様に様々な特徴が現れます。

例えば高級印鑑である横目本象牙は綺麗な縞模様が現れます。

マンモス、クジラなどの材料も人気!?

象牙はワシントン条約により輸入が禁止されています。

そのため、現在流通しているものはワシントン条
約が締結する前に輸入されたものがほとんどです。

しかし、象牙の人気が出てくると密漁された
象牙にも注目が集まってしまいます。

そのため、象牙を取り扱わなくなる店舗が増えています。

そのような店舗において象牙の代替品として注目されて
いるのが、マンモスやクジラなどの材料です。

マンモスはすでに絶滅した動物なので
密漁を促す恐れはありません。

その上マンモスは象の仲間なので、印鑑の
材料としての特徴は象牙とほとんど同じです。

絶滅してしまっているため、流通量がこれ以上増えるこ
とがなく希少価値も非常に高いです。

あっと驚く!マッコウクジラの材料の特徴

マッコウクジラも象牙の代替として注目されている材料
です。マッコウクジラの歯を材料に用いています。

その特徴は象牙よりも白く気品があることや、象牙を凌
ぐ硬さがあることです。しかし、材料の希少価値が高く
、象牙よりも削りにくい硬い材質なので、象牙よりも高
い相場になっています。

コメントを残す